読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナがやって来た[E:sign03]

流行ってるって聞いてはいたけど、ついに我が家にも[E:sweat01]


ヘルパンギーナとは、コクサッキーウイルスによる、喉の粘膜に水泡ができる夏に多い感染症
発熱とともにのどの痛みを訴え、喉の粘膜に水泡ができ、しみるために熱いものや刺激の強い食物が食べられなくなる。
痛みのために食事が食べられない。
水泡は、最初は1~2ミリ、2~3日かかって3~4ミリ位まで大きくなる。
熱は数日続き、3日~7日で自然に治る。


記録のために時間軸で。

7/23
夕方から発熱 38.3度
食欲あり、機嫌もいい

7/24
朝 37.7度あったので、休日診療へ
喉を見てすぐにヘルパンギーナと診断
解熱剤と喉の炎症を抑える薬をもらう
ランチは喉越しのいい素麺にした
午後 39.4度にあがったので解熱剤を飲ませるが、夜になっても39.3度にまた上がってしまったので再度解熱剤を飲ませる

7/25 保育園お休み
朝37.4度
休日診療では1日分の薬しかもらえないので小児科へ
結果ヘルパンギーナに効く薬はないらしく、行った意味なかった…
このまま熱は上がらなかったが顔が少し赤かった
ご米を半分くらい残すのでおそらく喉が痛いのだろうとうどんにしたら完食
夜中大泣きで起きて、おっぱい拒否、抱っこ拒否、どこか痛いのかと不安になる

7/26 保育園お休み
朝起きると元気でご機嫌
たまたま川崎病の検診があったので保育園は休むことに

米を残さず食べれるようになり、普通の食事に戻る

7/27 保育園お休み
熱もないし、元気だし、食事できるし、ってことで久しぶりの保育園へ
のはずが、ヘルパンギーナは医者のオッケーがないと登園できないと帰された[E:sweat01]
喉を見ると明らかに水泡があるので、病院には夕方行くことに

夕方診察してもらうと水泡があっても、熱がなく、普通の食事ができれば大丈夫、と言われ登園許可出た


とまあ、バタバタ病院ばかり行ってる1週間だった。
ヘルパンギーナは国の規定では治癒証明はいらないらしく、でもウィルス性の夏風邪なので園によって独自に規定を設けているところが多いらしい。
チビndの保育園は、医師が完治したと言えばそれで登園オッケー。
あとは園で治癒証明書(病院名と日付を書く)を作成すれば終わり。


7/28は無事保育園に行き、呼び出しもなく終了。


さぁ次にやってくるのは何だ!?